be Imaginative.SNK

Fellow Mmenbers 仲間を知る

Fellow Members

04 SOUND CREATOR

プロフィールネーム

プロフィールネーム

刻一刻と変化していく時流。
情報のアンテナを高く張っていく事を
特に心掛けています。

ーー堀田さんの仕事についての考え方や方法などをお聞かせください。

(堀)「SNKの作品をより多くの人に知ってもらい、一緒に楽しみたい」という思いが自身にとって仕事への大きなモチベーションになっています。
学生時代、自分が好きな事に友人を巻き込んで遊んできた感覚に近いかもしれません。こんなに面白いものがあるぞ、みんなは知っているのだろうか、知らないのならば教えてあげなきゃ、そんな気持ちです。つまり、遊び仲間、共通の話題で盛り上がれる仲間を増やしたいのです。そして、そのための方法を考え、実行するのが私の仕事だと思っています。
SNKのゲーム、キャラクター、音楽を使って何が出来るのか。SNKのコンテンツと親和性の高いサービス、商品、イベントは何なのか。どうすればより多くの人にSNK作品の魅力を伝えられるのか。効果的なアイディアを思い付き、実現するのは難しく、まだまだ出来ないことだらけで不甲斐なく感じることも多いですが、面白くてやりがいの詰まった仕事だと思っています。

FM MEMBERS PHOTO

chap2img

これまでの様々なイベントを通して
喜ばせるべき人達の具体的なイメージが 湧いてきました。

ーー堀田さんがこれまでに達成できたもの、逸話などがあればお聞かせください。
(堀)私はこれまでに美容師、ライター、編集を経て現在の営業職に就いています。少し変わった職歴を買って貰えたかは分かりませんが、2017年春にSNKへ入社後、まずは「SNK作品をコミックに」という企画が形になりました。自身に経験のある出版という土俵と、SNK作品を組み合わせる事が出来たのです。もちろん手探りの部分が多く、気持ちばかりが先行して上司や同僚にも苦労を掛けてしまいましたが、最近はご無沙汰になってしまっていた【読み物】としてのSNKコンテンツを復活させられた喜びはとても大きいです。
初開催のポップカルチャーイベントに参加させて貰えた時に、イベントが出来上がっていく様を間近で感じ、さらにユーザーの方と直に触れ合うことが出来ました。特に親子二代に渡ってSNK作品を遊んで下さっている、というご家族に刺激され、自分がどんな人達を喜ばせなければならないのかを具体的にイメージするようになりました。

chap2img

拠点は都内の最新ビル内にある東京支社。「既存のアイデアにとらわれず、思いついた事は何でもチャレンジする気持ちと、それを可能にする環境がポイントです。」とのこと。

FM MEMBERS PHOTO

chap3img

本当に「なんでもアリ」な仕事。
無限とも言える選択肢の中から面白い物を選び取る難しさとやりがい。

ーーマーケティングという部署で、堀田さんが特に心掛けている事を教えてください。
(堀)SNKのゲーム、キャラクター、音楽を使って何が出来るのか。SNKのコンテンツと親和性の高いサービス、商品、イベントは何なのか。どうすればより多くの人にSNK作品の魅力を伝えられるのか。本当に「なんでもアリ」な仕事です。無限とも言える選択肢の中から実効性が高く、かつ面白い物を選び取ることは難しく、そこがやりがいでもあります。既存のアイデアに留まる事なく、思いついたことはなんでもチャレンジするという気持ちを大事にしていきたいです。特にe-sportsをメジャー競技に押し上げようという国際的な気運が高まっている昨今、競技性の高い「格闘ゲーム」というジャンルの注目度は上がっていく傾向にあり、何かを始めるのに絶好の機会だと言えます。刻一刻と変化していく時流に取り残されないよう情報収集を怠ることなく、アンテナを高く張っていくことを心掛けています。

Fellow members

chap3img

  • 01 JAPAN SALES STAFF
  • 02 GAME DESIGNER
  • 03 GAME PROGRAMMER
  • 04 SOUND CREATOR